カテゴリー別アーカイブ: 発毛

脱毛を改善するための発毛治療について

男性の50代の半数以上は男性型脱毛症になっていると言われています。
その様な背景から脱毛の治療における技術は大きく進歩してきています。
医療機関ではAGA医薬品と呼ばれる薬による治療方法と、非医療機関による発毛・育毛の施術による治療法があります。
AGA医薬品は血行促進系のものと抗男性ホルモン系のものの2つが挙げられます。
血行促進系の主な薬品は「ミノキシジル」と呼ばれるものです。また抗男性ホルモン系の薬品においては、「プロペシア」となります。
非医療機関でおこなわれる施術での治療法としては、発毛HCR法やHARG療法などが有名で、他にもリーブ21やBIDANなどがおこなっている施術療法があります。
脱毛治療法の多くは、クリニックでの薬の投与や店舗における施術で、生活習慣の改善を継続的に実施する事により脱毛対策を行なうものがほとんどです。
脱毛の治療は、発毛までに最低でも平均6か月以上かかります。
ケースによっては、自覚ができるまでの効果を得るためには2年以上かかることもあります。
脱毛の治療に時間がかかってしまうのは、毛周期が原因となります。
毛髪は2~7年の間、成長し続け、その後休止状態となり、一旦抜けおちて、数ヵ月間ののちに成長を開始するという具合です。
この毛周期のサイクルに合わせて、発毛・育毛へと促すための効果的な処置が求められてきます。
医学的に効果が認知された治療法では、最初の段階で毛周期のサイクルが休止期の毛髪が一旦抜け落ちて、その後、新しい毛周期が始まり、より太くて強い毛髪が伸びてくるのです。
逆に治療を途中で中断した場合においては、治療前の状態に戻りやすいが、より脱毛が進んでいるという事は考えにくいとされています。